こんにちは!結婚相談所埼玉(株)ア
イクスエージェンシーの山本哲哉
です。
今日もよろしくお願いします。

5連休も今日で終わりですね、会員様には
この5日間で、たくさんのご相談や、連
絡を頂きました。

明るいご相談がとても多かったので、ホ
ッとしています。

お見合いはもちろんのこと、交際に入っ
た会員様もたくさんいらっしゃいました
ので、いろいろアドバイスしておきたい
ことを今日は書きますね。

それは、交際に入ったら、

「デートの別れ際まで大切にして欲しい」

ということです。

これはどういうことかというと、

楽しかったデートで、お相手を思いやる
気持ちを最後まで態度で表現して欲しい
ということです。

例えば、電車で帰る方向が別々の場合、

それまで楽しい食事をしたりして、もっ
と一緒にいたいと思うはずです。

もし、別の電車に乗るために改札で分か
れた場合、

改札からはお相手が見えなくなるまで見
送る、見送られた側は一度は改札側を振
り帰って欲しいのです。

これから、一生のお相手となるかもしれ
ない人との交際です。

そんなことと思われるかもしれませんが、
これがその後を決定づけるとても大切な
ことだったりします。

私も実は20代のころ、大雪の中、デー
トに誘った女性を必死に車で自宅まで送
り届けて、ふとバックミラーを見たら、
その女性はもう家に入ってしまい、視界
から消えていました。

これにはひどくガッカリした覚えがあり
ます。(苦笑)

大雪で前もあまり見えない中、必死に送
り届けたのに・・・

まあ私の話しはいいとして、

その人を大切にしたいと思う「心」「情」
をしっかりと伝えることが大切ですね。

これは「別れ際のマナー」や「テクニッ
ク」ではありません。

お相手への「思いやりの心」です。

そんな「思いやりの心」を持つあなたは、

必ず「素敵な結婚」ができるでしょう。

皆様に素敵な出逢いがありますように。

20975095_424x636

今日も最後までお読みいただき、本当
にありがとうございます。

婚活をお考えの皆様、気になったらご
ったらご連絡ください。

ご一緒にコーヒーでも飲みましょう。