こんにちは!結婚相談所埼玉(株)ア
イクスエージェンシーの山本哲哉
です。
今日もよろしくお願いします。

「山本さん、今度お見合いする方〇型
ですけど、合いますか?」

こんな質問を受けることがあります。

確かに日本人は血液型による性格診断
を信じている人も多いのかなと思いま
す。

しかしながら、この血液型の性格診断
は世界的にはほとんどないようです。

どうやら、日本特有のもののようです。

ではなぜ血液型で性格を診断すること
が日本では浸透しているのでしょうか。

いろいろ調べてみると、遺伝子レベル
の問題があるようです。

例えば日本人はアメリカ人と比べると
セロトニンの吸収率が30%も少ない
という研究結果があります。

セロトニンの吸収率が少ないと、不安
や心配を抱きやすくなり、物事に対し
ても慎重になるということが、研究結
果でわかっています。

それがそのまま、血液型性格診断のA
型の性格に当てはまります。

ご存じのように、日本人に最も多い血
液型はA型で、人口の44%といわれ
います。

ということは、日本人の半数近くがA
型です。

当然確率的にも「血液型性格診断」は
当たりやすくなるということですね。

セロトニンとは、セロトニントランス
ポーターSS型遺伝子のことで、日本
人はこの遺伝子を多く持っているとい
われています。これを多く持っている
と、不安やストレスを感じやすいとい
われています。

よくB型はマイペース

と言われるのは、

「この人は、この血液型だから」

と信じてしまうからですね。

「色めがねで相手を見ると結果的に当
たってしまう」のです。

これは心理学で説明ができるのですね。

ですから、

血液型でお相手を判断してしまうと、
せっかくの結婚のチャンスを逃してし
まいますから、皆さん気をつけましょ
うね!(^-^)

48363311_480x480

今日も最後までお読みいただき、本当
にありがとうございます。

婚活をお考えの皆様、気になったらご
ったらご連絡ください。

ご一緒にコーヒーでも飲みましょう。